禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

大人になって改めて感じたイジメの加害者・被害者の認識のズレ。どうせ軋むんだから気にせず生きてこう!

悪友とのBBQ二次会にて

先日、地元の悪友たちと行ったBBQの二次会の出来事。

 

朝8時からスタートした焼肉は夕方に一度お開きになり、女性陣を初めとした友人たちの奥さんや子どもたちは帰宅。三十路過ぎの男15名程でBBQの片づけやら何やらを済ませました。その後、残り火をみなでグルリと囲み、グダグダと酒を飲みながら話をしていました。

 

確か最初は、この中で中学時代に誰が一番恨まれているか、という謎の話題だったように思います。個人的な独断と偏見で評価するならば、集まっている15名のメンバーの内で僕を入れた4人以外は、全員が悪童、言い換えるなら問題児でした。

 

大卒3名、高卒8名、高校中退4名という最終学歴と書けば、なんとなく雰囲気は察していただけると思います。みんな典型的マイルドヤンキーです。自分でいうのもおかしな話ですが、なぜここに自分がいるのか不思議でなりません。

 

回答は全会一致で中心メンバーの高山(仮名)。もはや彼に恨みを持つメンバーで大規模な飲み会を開けるのでは、とみんなで笑っておりました。

 

しかし、高山は「確かに中学時代の俺は悪かった。そこは認める。けれど、当時はイジメているなんて認識はなかった」と主張するです。

 

流石に批難轟轟でしたが「でも、俺もそんなことあったな」と誰かが声を上げました

 

その言葉を出したのは友人の一人である家彦(仮名)。家彦は一人っ子の憎めないおタイプの調子者。中学時代はバスケ部だったのですが、その時に起こしたエピソードを語り始めました。


家彦と皆本。中学時代バスケ部にて

学友に皆本(仮名)という人物がいます。人望は厚く、文武両道で、太い眉毛と色白な肌をしたナイスガイでした。そんな彼は家彦と一緒のバスケ部の一員として汗水を流していたのですが、そんな彼にある日事件が起こります。

 

部活終わりの清掃時間に家彦が天啓を授かったのです。

 

その内容は

 

「モップを誰かのケツの穴に入れたら面白いんじゃないか」

 

というもの。

 

お調子者の彼は、確定された爆笑の渦を実現にするために活動を起こします。そしてターゲットに選ばれたのが不幸にも皆本でした。

 

後輩を携え強襲よろしく、皆本の体を押さえつけパンツを脱がせ、※に棒を突っ込む家彦。泣きながら暴れる彼の姿を見ても家彦は「なんでこんな美味しい役を嫌がるんだろう」と心底不思議な感想しか思い付かなかったと言います。

 

「あの後は、内部で片が付いたけど、今思うと俺はヤバい奴だった」と家彦。

 

そんな彼は大卒の中の一人です。


無知と認識のズレ

家彦と皆本の例はだいぶ過激でしたが、きっと僕らの周りにもこういう認識のズレから起こるイジメって多いと思うんです。

 

僕も小学校時代にイジメられたりしました。当時はイジメられた時、真面目に「自殺してやる!」なんて思ったのですが、今となってはちょっと過激なコミュニケーションだったのかな、なんてまで思っています。

 

ふと、人にそういった意図がなく同じような言動をしている自分がいた時など、それなりに人生を過ごすと自然と納得できることも多々あります。というか、もう昔の話なので何をされたかなんて朧気にしか覚えていないのが現実なんですね。

 

どちらかと言えば、こちらが意図的にそういった行動をしてしまったことの方が覚えています。

 

例えば、中学時代に消しゴムのカスを少しムカつくやつにぶつけることを友人同士でしたことはあります。加害者側からすると何でもない憂さ晴らし程度だったのですが、被害者側からすればイジメです。

 

僕は高校一年の初期にされる側になって初めて知りました。

 

けれど、そういった行動をしていたこともあったことが幸いして、逆に加害者が面白くないのかも知っていたので事なきを得ました。悲しいことにしていたからこそ分かったのですね。


最後に

僕らも社会人になって数年が経ちました。これまで自分が何気なくしていたことが実は人が嫌がる行動だった事を知ったり、被害者と加害者の立場がグルっと逆転したこともあるわけです。

 

そんな僕らでも、人の機微なんてものは往々にしてよくわからない物の代名詞のままで、意図せず他人を傷つけていることもあるんだろうと感じます。

 

人ごとに個性(ズレ)がある限り、必ずイジメは出てくるでしょう。

 

けれど、そんなものは十数年経てばあんまり覚えていないですし、向こうも覚えちゃいないんです。

 

人生ゲームで一回休みのマスを踏んだくらいなんだよ。どうせ進めばそれが鼻くそに思えるくらいドデカいことも待ってます。

 

いつのまにか不登校になった友人や知り合いは数知れません。けど、もったいないと思いません?真の成功者なんて世界にはどうせほんの一握りで、他はどっかが軋んでしまうんだから。とりあえず立ち止まんのだけはやめましょう、という話。