禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

禁煙9日目 転職願出したはずだけど何も進んでない気がするので、冷静に会社の現状を見つめ直してみる

本日で禁煙9日目

 

8日目はコチラ

  

www.mochiya-mochio.com

 

2月に辞める旨を伝え、5月末に退職願を提出。6月まで働いて7月有給で話がつけたと思うけど、全く話が進んでいないような気がする。あれ?もう残りが半月くらいなんだけど、このまま退職してもも良い訳?退職願を出して受理されたのに話が進んでいないように感じるのは気のせいだろうか?

 

なぜだろう?

 

原因は分かっている。人材不足だ。

 

入社した当時から6名程減っているのだ。入社1年目のデザイナーガールはいいとして、雑誌編集責任者や高額物件を請け負っていた営業。長年会社を支えてくれた営業事務のパートさんなど結構な要所な人が辞めていった。

 

ついでに半年前なんて、次の雑誌責任者が辞めると言いだして、すったもんだの末に会社初のリモートワークに落ち着いた。と思ったら、今日、編集部の要(40代編集者勤務経験あり)のパートさんが辞めてった。膨大な数のイベント情報の取捨選択など、マジで誰もがしたくない仕事を笑顔で引き受けてくれた方だった。多分、辞めると言ったのは同時期か、少し彼女の方が早かったと思うのになんだろうこの差は?

 

民法第627条にはこうある。
「1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」


であるならば、2月末に意思を示し、先月末に1ヶ月の引継ぎ猶予を持たせた僕は何も問題が無いように思うと、すかさず自己弁護。

 

けれども、僕が出したのは「退職願」だったことに気付いた。

 

うーん。どうなんだろ。来月になったら退職届でも出してみますかね。

 

それはそうと最近加熱型のタバコが物議を醸しだしているらしいが、僕はあれは好きじゃないので別にどうなってもいい。いいや、それだと少し語弊がある。アレを吸っている奴が我が物顔で路上で吸ってる奴をよく見るので、吸っている奴が嫌いと言い換えておいて、結びとしたい。


それでは、また。餅夫でした。