禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

今さら聞けない毒にも薬にもならないカメラの基礎知識

ふとした瞬間に出てくる何を今さらという疑問。今回はそんな「今さらそんなこと聞くと笑われそうだし・・・」なんてニッチな疑問を少しばかし説明します。

一眼ってなんで 一眼 ?

言ってしまえは区別のための名称です。一眼とは別に、二眼レフカメラもあります。その名の通りレンズが二つ付いたカメラです。参照図を見ていただければ、きっと一度は見たことがあるはずと思います。ライカと双璧をなすくらい、カメラのくせに写真映えする良い感じのサブカル臭がする機体ですね。


参照図
f:id:mochitakeo:20170924014112j:plain

一眼カメラ?一眼レフカメラ?ミラーレス?

まず最初に断言しますが一眼カメラと一眼レフカメラなんて、日常生活上で使う意味合いとして全く同じと言ってもいいです!現代日本で「俺、一眼持ってるんだ」という人は99.9%の確率で「デジタル式の一眼レフカメラ」のことを指していると考えていただいて大丈夫です。


もしかすると人生に一度くらい偏屈なカメラ爺に遭遇した時に役に立つかもしれませんのでザックリと説明します。


最初に教えた通り、一眼カメラとはカメラ本体にレンズが一つ付いた写真撮影用機体のことを指します。ですので一眼レフもミラーレスもそのカテゴリ内に含まれます。


言い換えれば、果物という大きな括りの中にリンゴが含まれているように、一眼レフやミラーレスも一眼カメラというカテゴリの中に含まれるということです。

f:id:mochitakeo:20170924014803p:plain

一眼レフ?ミラーレス?その構造の違い

さていよいよ本番ですが、上記の二つの機体の違いはどこでしょうか?下にの図は簡易的な二図を並べたものです。

f:id:mochitakeo:20170924015130p:plain

パッと見ただけでも、機体のサイズが違うことがわかると思います。その理由は反射ミラーの有無。一眼レフカメラはこのミラーがあるおかげで直接レンズから取り入れた像のリアルタイムを確認できるのです。


逆にミラーレスはレンズから取り入れた映像をそのまま見ているわけでなく、一度イメージセンサーを通して変換された映像を見ていることになります。


これをいつもの微妙な例え話で表しますとこうなります。

f:id:mochitakeo:20170924015232p:plain


上が一眼レフ。下がミラーレスです。つまり双方とも同じバンドのライブ映像を見ているのですが、後者は一度データを映像に変換するという一手間がかかっています。つまりリアルタイムと見比べるとコンマ数秒でも映像がずれる可能性があるわけです。


つまりは一眼レフとミラーレスの違いは反射ミラーの有無なのです。そこが違うので機体名がミラーレス(鏡がより少ない)カメラと呼ばれておくといいと思います。


一眼レフのレフって?

そうなると最後に出てくるのが、じゃあ一眼レフのレフってなによ?という問題。これ、実はドイツ語で鏡の反射を意味するシュピーゲル・レフレックスの略なんです、なんでドイツ語という疑問ですが、単純に元となる期待が生まれたのがドイツだったからですね。

最後のお餅

いかがだったでしょうか。最後のまとめとしては以下の通り。


1.一眼カメラは二眼カメラと区別するための名称
2.一般的に一眼を指すのはデジタル式一眼レフカメラ
3.一眼レフもミラーレスも大雑把に言えば全部一眼カメラ
4.一眼カメラとミラーレスの違いは反射ミラーの有無

ではまた次回の更新で!