禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

【グーグルアナリティクス】ユーザー?セッション?ページビュー?違いって何よ?そんな悩みを解説します!

googleアナリティクスを活用しよう!

ブログの解析に欠かせないものといえば、そうgoogleアナリティクスですね。PV数や色んなデータを教えてくるすごく頼もしいやつです。自分のサイトの穴を見つけたり、逆に追記して強化すべきコンテンツも分かることでしょう。

 

でも、みんな内心こう思ってませんか?「分かりづらいんだよ!」と。 という事で解説していきます。もちろん感覚的にザックリです!

 

セッション、PV数、ユーザー数とは?

セッション

Aがアナタのブログを訪問してからページを離れるまでの流れをまとめた単位。「離れる」とはここでは違うサイトにとんだり、ブラウザ自体を閉じた状態を指します。30分動きがないままだと、離れたとみなされます。逆に、一度離れても30分以内にまた戻った場合は継続された状態のままです。

ページビュー数(PV数)

誰かがHPのページを開いた回数です。略してPV数とも呼ばれます。ただし、F5などを押してリロードした際もカウントされますので注意です。またアナタのサイトに訪れた時点でページを1つ開いていることになりますので訪問すると最低でも「1」増えます。

ユーザー数

アナタのブログに訪問した人数を指します。今日のユーザー数が「10」だった場合。単純に10人がアナタのブログサイトを訪れたことになります。 ユニーク数などとも呼ばれます。

 

 

ザックリ編

ではザックリ解説を始めます。 ここは食べ飲み放題の居酒屋さん。そしてあなたは店長です。 お店は少し変わった料金方式をしています。それは最後に注文してから30分経過しなければ、外に出ても何をしてもかまいません。逆に30分何も注文しないと強制退店になってしまいます。

 

セッション

お客が入店してから食事を済ませお店を出た回数がセッションです。入店して注文が30分以上無い状態だと帰ったものと見なされます。逆に途中で帰っても、30分以内に戻ったら、食べ放題は継続中になります。

 

簡単に説明すると下の図です。

f:id:mochitakeo:20170921010337j:plain

一人の青年が居酒屋に入り、お会計を済ませて店外に出るまでの流れです。図で説明するならば、ここでは青年が店内で何を食べたかは関係ありません。お店に入って出て行った(もしくは30分以上何の動きも示さなかった)ことが大切になります。 今回はお店に入って店外へ出た流れが1度確認できたので「1」となります。

 

ページビュー数(PV数)

訪問者がページを閲覧した数。つまりはお店で注文した品数です。

下の図を見てください。

f:id:mochitakeo:20170921010929p:plain

お店に入ってから男が「生ビール」「焼きそば」「ほっけ」を注文しているのがわかりますね。このようにお店(HP)へ入って注文(異なるページを閲覧)した数をページビュー数と言います。ただし、普通なら店内(HP)に入った時点でお通しが出てくる(ページを見る)ことになりますので、そのままお店を出ても(HPを離れても)注文数は最低でも「1」はつくことになります。

f:id:mochitakeo:20170921011405p:plain

また頭に入れてほしいのは、あくまでPV数は何回ページを閲覧されたかの回数となりますので、同じ人がF5などのリロード機能を使用した場合は数値は増加します。図でいうなら、同じ人が生ビールを2杯も3杯も頼んだ場合でも、注文した数はちゃんとカウントされますよね。それと同じです。

ユーザー数

ユーザーは居酒屋を訪れた人の数です。下の図では4人の人がいますので「4」となります。

f:id:mochitakeo:20170921013908p:plain

この数値は一日に何回同じ居酒屋に入っても、どんな注文をしても、対象となる来店者数が変わらない限り、その数値が変動することはありません。

 

 

以下例題

 

大将「いらっしゃい!はい、お通し×2

A「アザッス!生!それと唐揚げ」 B「大将、僕も。あとたこわさ

 

・・・・・・

 

A、B「ごちそうさん!会計オナシャス!」

大将「おうよ!」

 

・・・・・・

 

退店後

A「〆を食べてなかった。大将、まだイケる?」

大将「(時計チラっ)まだ30分経ってないしエエよ」

A「さすが大将!お茶漬けお願いね」

B「大将!じゃあオレも!アイスクリームホットコーヒー

大将「お前は30分経ったから支払いなおしじゃ、アホ」

B「  」

 

上の文章を解説すると

 

まずわかりやすいのはページビュー数ですね。 お通し×2、Aの注文3品、Bの注文が4品で合計の値が「9」

次にユーザー数はAとBのみなので「2」

  では、セッションはどうでしょうか? どうやらAは30分以内に戻ってこられたので食べ飲み放題を継続できるみたいですが。 あらら、Bはどうやら間に合わなくて再入店になってしまいました。 ということはAは1回、Bが2回の計「3」回が正解となりますね。

 

セッション「3」(Aが1回、Bが2回)

ユーザー「2」(AとBの2人)

PV「9」(AとBが合計で7品注文+最初のお通し2品)

 

餅夫のまとめ

いかがだったでしょうか?なんとなく感覚的にでも分かりましたでしょうか? セッション=人がお店に来店した回数 ページビュー数=頼まれた注文の品数 ユーザー数=お店に来たお客の数 という感じです。

 

忘れてはいけないのは、このデータたちをにどう活かすかを考えることが最も大切ということです。 赤字の家計簿をじっと見ているだけでは、なんの解決にもならないように、アナタが動かなければ折角のデータもただの数字の羅列と同じです。折角こんな素晴らしい無料のツールがあるのですから、自分の強みや弱さを見つめ直して次のステップに繋げましょう。

 

また、PV数やユーザー数もモチベーション維持のためには必要だと思いますが、あくまで一つの指針として接してみることも大切かもしれません。弱小ブロガーの戯言ですが。

 

それではまた。