禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

カメラのアレコレ【iso感度】をクソ感覚的に覚えよう!

最初に

※今からの記事はコチラの記事を読んでいること前提で進めていきます。まだの方は先に見ていただけると理解度がアップします。

  

www.mochiya-mochio.com

 

カメラのアレコレ【F値】をクソ感覚的に覚えよう!

カメラのアレコレ【シャッタースピード】をクソ感覚的に覚えよう!

上の2つも参考までにどうぞ。

 

F値 シャッタースピードの説明はしましたので
今回は「iso感度」についてザックリと説明していきます。

 

 

iso感度とは?

そもそもiso感度とはなんでしょう。
例のごとく参照するのはこちらのサイト
デジタルカメラの場合、ISO感度とはデジタルカメラが光をとらえる能力を表す値です。
デジタルカメラは、撮像素子に当たった光を電気信号に変えて処理します。
ISO感度を上げることは、電気信号を増幅することです。ISO感度を2倍にすると電気信号は2倍になります。
ISO感度を2倍にすると撮像素子に当たる光の量が半分で適正露出になります。
つまり、ISO感度をISO100からISO200に上げると、同じ絞り値(F値)であれば2倍速いシャッタースピードで撮影できます。ISO200からISO400に上げた場合も同様です。
暗い室内などではシャッタースピードが遅く、手ブレや被写体ブレが発生してしまうことがあります。しかしISO感度を上げれば、シャッタースピードを速くしてブレを抑えることができます。「暗いシーンでISO感度を上げるとよい」と言われるのはこのためです。
ISO感度は撮影者が決めることも、カメラが自動的に決めるようにすることもできます。
参照&抜粋:デジタル一眼レフカメラの基礎知識 - ISO感度 | Enjoyニコン | ニコンイメージング

www.nikon-image.com

相変わらず的確なコメントです。でもやっぱりどっちかというと家電量販店さん向けの目線な感じがしなくもないですよね。

というわけで今回もザックリ説明します!

iso感度というのは
最初に説明したように、大きくするだけで全体の水(光)の量を増やしてくれる魔法のようなものです。ただ、デメリットもあります。それは水の質が悪くなってしまうということです。

f:id:mochitakeo:20170913213027p:plain

つまり大きくすればするほど簡単に明るくできますが、完成する画像がノイズ混じりになってしまいます。下の図を見てください。

f:id:mochitakeo:20170920005843j:plain

上がiso感度25600。下が640です。比較してみると若干上のほうがノイズが混じっているのが分かると思います。

 

iso感度と忍者の法則

 イメージとしては忍者の分身の術です。?と思う方のために図をご用意しました。

f:id:mochitakeo:20170918174730j:plain

光とノイズの関係性を表したのが上の図です。なかなか自分でも分かりやすいのではないかと思います(自画自賛)。

 

人(光)を補うために分身の術を使った忍者。左にはキチンとした分身が登場しましたが、右には微妙に違う分身?が生まれました。これがここでいうノイズになります。

 

ぶっちゃけそんなに気にしなくていい!

 ノイズになります、とは言ったものの、正直、個人レベルの撮影なら頭の隅に入れておくくらいで大丈夫です。なぜなら、今のカメラはどんどん技術も進歩していって、ノイズも抑えられるようになっています。写真に慣れてきてF値とシャッタースピードを使い始めても問題ないと思います。

 

それでは楽しい写真ライフを♪