禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

カメラのアレコレ【F値】をクソ感覚的に覚えよう!

f:id:mochitakeo:20170916183159j:plain

最初に

※今からの記事はコチラの記事を読んでいること前提で進めていきます。まだの方は先に見ていただけると理解度がアップします。

  

www.mochiya-mochio.com

 

 

F値(絞り値)とは?

そもそもF値とはなんでしょうか?

 

一眼の大手メーカー「Nikon」HPでは

絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのことです。
絞り値はF1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22、F32のように表されます。
F+数値で表され、F値やFナンバーと呼ばれることもあります。
絞り値を変えると、絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。
絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。
たとえば、絞り値をF4からF5.6に変えると、レンズを通る光の量は半分に減り、撮像素子上に写る像も半分の明るさになります。
絞り値を変えると、ピントが合って見える範囲も変わります。
絞り値を大きくするほどピントの合っている部分の前後もピントが合っているように見えてきます。
逆に、絞り値を小さくするほどピントの合って見える範囲は狭くなります。
ピントを合わせた位置に対して、その前後のピントが合っているように見える範囲を「被写界深度」といいます。
参照ページ:Nikon enjoyニコン 絞り値(F値)より抜粋

デジタル一眼レフカメラの基礎知識 - 露出 | Enjoyニコン | ニコンイメージング 

とあります。

多分、写真を既に撮ったことがある方は「なるほどね~」「知ってた」という風になるんでしょうが、初心者の人にはちんぷんかんぷんと思います。

 

水槽を大きくする意味を知ろう

イメージをしてください
最初にF値は水槽の大きさと教えましたね。大きければ大きいほど水が必要になるとも教えましたね。ではなぜ、小さいままだったら簡単にお水が一杯になるのに、わざわざ水槽を大きくする必要があるのでしょうか?

もちろん大きくするのはきちんと理由があって、水槽が大きくなる=鮮明に写る範囲が広くなるからんです。
つまりは水槽(F値)が大きいと、それだけピントが広く合った写真が撮れるということですね。

 

f:id:mochitakeo:20170913210033p:plain

今回のメイン画像

下の図を見てください。左が正面から見た写真、右が横から見た写真です。今回はこの写真を中心にザックリと説明していきます!

f:id:mochitakeo:20170915121101p:plain

違いは何?

下の図を見てください。AとBの違いは何でしょうか?ちなみにピントは全てハートのクイーン合わせているとします。

  

f:id:mochitakeo:20170915121512p:plain

 Aと比べるとBの写真は、キングジャック、そしてジョーカーがピンボケしています。なぜかというとF値が小さすぎたことが原因です。

 

よく見ればジャックよりもジョーカーのほうがボケが強いことに気づきますね。これはピント(クイーン)からの距離がジョーカーの方が遠いためです。

 

あれ?ピントを合わせたのがハートのクイーンなら、同じ距離くらい離れているクラブのクイーンもボケてないとおかしいんじゃない?と考える方もいるでしょう。そう思われた方はF値入門まであと少しです。

 

ピントの範囲

それではF値の解説を進める前にピントの範囲について説明をしましょう。言ってしまえばカメラのピントは点でなく「面」で捉えています。

下の図は各マークごとに枠でくくっています。これは面としてとらえた場合の、カメラとの距離を表しています。

『メイン画像』「横」を見れば、キングはキング同士、クイーンはクイーン同士、カメラマンから同じ距離に横並びになっています。これが分かれば、この画像の意味が分かりやすいと思います。

 

f:id:mochitakeo:20170915122255p:plain

 

つまり同じ枠内(同じピント距離)であれば、例え目標物が画面の端同士であっても、ハッキリとピンボケせずに写るんです。

f:id:mochitakeo:20170915122746p:plain

写真はパイ生地 

 同じ面として接している像同士はピントが合うと教えましたね。ということはピントが合っていない面がある、ということも理解できたと思います。それらが重なって一つの写真ができあがります

  

ザックリいうとピントの合っている面と合っていない面がパイ生地のように幾つも重なり合っているのだと思ってください。下の図は簡単な虫取りをしている少年の図ですが、これだけでも

1.奥の山

2.虫取りしている少年

3.手前のタンポポ 

というように3つの層が重なっています。

f:id:mochitakeo:20170916195011j:plain

 

F値の入門編

ようやくここからがまとめです。というかここからがF値の入門編の第一歩です。

 

さて、最初に伝えた言葉を覚えているでしょうか?「水槽(F値)が大きいと、それだけピントが広く合った写真が撮れる」という言葉です。覚えていない方は、もう一度確認確認してきてください。正直、あの段階では曖昧にしか理解できなかったと思います。

ただ、ここまで

ピントは面である

写真は幾つもの層が重なってできている

を学んだと思います。であるならば、ピントの合った層を増やすこと=ピントが広く合った写真が撮れるということもなんとなく理解できるでしょう。そして、最初から言っていますが、その鍵を握るのがF値となるのです。

 

下の図はまたまたザックリと図解したものです。ピントは例のごとくクイーンに合わせてあります。F値を大きくすると下の水槽が大きくなり、ピントが合うエリアが広くなているのがわかるでしょうか?キングとジャックは1段階、ジョーカーは2段階大きくしないとピントが合いません。
もちろんF値が大きくなった分、水槽も大きくなるので相応の水(光)が必要なことは忘れてはいけません。

f:id:mochitakeo:20170915123427p:plain

 

 

 

ザックリまとめ

・F値が小さいと目的物以外ボケやすい
・大きくなると目的物以外でもボケにくい
・大切なことはピントは面で捉えていること
・幾つもの層が重なって1枚の写真を構成していること
広範囲カバーする場合は相応の光が必要

 

お疲れさまでした。あなたはこれでF値入門の扉を開きました。入門なだけあってF値の役割はこれだけじゃありません。ですが、一度に大量の情報を与えても覚えられるものではありません。自分で撮影していけばおのずと理解できることもありますし、資料を見なければ分からないことだってあります。最初に躓きやすいポイントでも、ほんの少しの取っ掛かりさえあればずいぶん違うはずです。

でもこれはあくまでザックリ解説(僕の感覚)なので、正確な情報とはいいがたい代物です。ですのでこれから自分で勉強していって、自分なりの感覚を持つように頑張っていきましょう。

 

下に補足画像を入れておきます。

黄色い四角がピントの合った面です。
下の図:上は写真がいくつもの層を重ねて出来ているものを簡易に表現したもの
下の図:下はその層がF値を上げていくたびに、ピント範囲が広くなっていくことを表現しています。※これを被写界深度などと呼びますが今は気にしなくてもいいです。

 

f:id:mochitakeo:20170915123240p:plain

 

 

 

※この記事はカメラ初心者方用に用語をザックリ感覚的に説明したものです。表現などに実際の動きと違う場合がありますが、分かりやすさ重視にしております※