禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

タバコを辞めなきゃよかったと思うことTOP3

たばこを辞めなきゃよかったと思うランキングTOP3

このご時世、みんなタバコを悪く言い過ぎじゃないでしょうか。まるで親の仇のような叩き具合は、学生時代にいじめの現場を見てしまったような後味の悪さだけが残ります。ということで喫煙時代に感じていたタバコのメリットを紹介したいと思います!こんだけ世間に浸透していたものが害100%なわけないじゃないですか(希望)!

 

第3位 連帯感

タバコミュニケーションを馬鹿にする人がいますが、これだけ嫌煙家時代に突入するとタバコを吸っているだけで謎の連帯感が生まれます。自分が吸っているのでだらしないなタバコくさいなんてネガティブな感想はまず抱きません。それどころか昔はどこでも吸えたのにというような愚痴や、この人も周りから五月蠅く言われてるんだろうなという同情の念すら抱いてしまいます。いっそ目の前の人でタバコを吸っている人に、ニコッと微笑んだら、ニコッと返してくれるはずです。試したことがある僕が言うんです。間違いないです。

タバコじゃなくてもコミュニケーションとれるだろ、と言う人はそれが全く異質のコミュニケーションという事を分かってないような気がします。秘密基地に集う少年たちのようなタバコのみだけが感じる確固とした絆があるんです。

第2位 休憩しやすい

これは仕事中のタバコ休憩のことを指しているわけじゃありません。一番非喫煙者になって思ったのは街中で無料で座って休憩できるところって無いなということでした。もちろん公共施設だとか公園だとかに行けば座れるのでしょうが、そうじゃないんです。
地方都市に行けば、街中にタバコ屋と休憩場所がセットになっている場所がいくつかあります。街中で座れる場所=喫煙席というものがほとんどで、タバコを吸ってないのに座るのは非常に居心地が悪い。というか座れません。

禁煙をしてからタダで休める場所を探すのも一苦労です。

第1位 時間が潰せる

個人的に考える喫煙のメリット堂々の第1位は間違いなく時間を潰せることです。こんなことありませんか?待ち合わせに10分ほど早く着いてしまって、特にすることがなく手持無沙汰になってしまったこと。久々の実家。家事をしなくていいせいか、やることもなく時間が余ってしまったこと。家でくつろいでいる時に、見たいテレビ番組開始まであと15分ある、などなど。
僕はこんな中途半端な時間を潰せるツールとして、タバコという存在はこれ以上ない存在だと考えています。

 

それは

1.吸い終わる時間は決まっている。

2.それだけで完結している。

からです。

 

前者は後○○分という時にリミットが限られている場合、時間を調整しながら暇も潰せます。というのも葉巻は例外ですが。タバコはどんなに長く吸っていても7分前後という物理的リミットが決まっています。タバコ1本吸ってから……、といった風に吸うだけで一つの区切りをつくることができます

後者は時間を潰す際にタバコだけで他は何もいらないという点です。本当は本か携帯があればベストですが、最悪それだけで時間が潰せるのは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

 

以上が個人的にタバコを辞めなきゃよかったと思うことTOP3でした。