禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

タバコやめて良かったことベスト5!

タバコやめて良かったことベスト5!

 

f:id:mochitakeo:20170911204956j:plain

第5位 金銭関係

タバコをやめてお金が貯まるようになりました。元は一日ひと箱480円のアメスピを買っていたので、単純計算でも14,400円の節約。さらに一緒に必ず購入していたコーヒー代、匂い対策のミンティアやガムなど諸々減って実際は2万以上減っているんじゃなでしょうか。

第4位 優先順位の正常化

タバコをやめて良かったこととは厳密には違うのですが、禁煙して物事の優先順位が正常化されたような気がします。具体的にはお昼に500円しかなかったら、ご飯よりもタバコを優先してしまう。喫煙席があるかでお店を決める。物事の全てに前提としてタバコを吸う時間が組み込まれているなど、知らず知らずのうちにタバコ中心の生活になっていたと思います。

 

第3位 部屋・服の匂い

地味に嬉しかったのが部屋やタバコの匂いを気にしなくてよくなったこと。あいにく借りたマンションの壁紙はところどころヤニで黄ばんでしまっていますが、あの喫煙者であっても気分の悪くなる「あ、これ体に悪いやつだ」と本能的にわかるアノ匂いとはおさらばです。あと先日部屋の大掃除をした際にクローゼットから昔の服が出てきたのですが・・・綺麗にしてるはずなのでやっぱタバコくせぇーんスよ。

第2位 集中力&効率アップ

禁煙して2ヶ月くらいで仕事中にタバコが吸いたいイライラから開放されました。基本的に内勤している途中はトイレ、タバコ、単に集中切れの3つで仕事が止まってしまっていました。タバコをやめてからタバコ休憩もなくなり、集中力が単に切れることも少なくなったので、仕事の効率が上がりました。
特に外を回っている時の違いが顕著でした。僕が吸っていたアメスピは添加物なしという特徴の他に、喫煙されている方はご存知のとおり燃焼が遅いです。他のタバコの1.7倍ほど(※個人の感覚です)長く吸えてしまえるので一回につき10分ほどタバコ休憩を取っていた記憶があります。コンビニに寄って、コーヒーを買って、喫煙所でタバコ休憩。一連の流れだとそれ以上時間をとっていたことになります。
残業代の出ないお仕事なので、いくら休憩をとっても時間を犠牲にして、圧縮して仕事をしていました。ただ余裕などあるはずもなく、今のように帰宅してブログを書くような元気など残ってはいませんでした。

第1位 寝起き


タバコをやめて劇的に変わったのが寝起きです。正直ここまで生活が激変するとは思いませんでした。

僕は喫煙時代はとても寝起きが悪かったです。実は少し「昔はこんな寝起き悪かったっけ?」と考えたこともあります。そのときは不摂生な大学時代を4年間過ごして、そのまま社会人になってしまったために自堕落な生活が癖になってしまったのかなと思っていまいた。ぶっちゃけるとそれもあるでしょう。でも、禁煙して3週間ほど立つといつもは五月蝿い目覚ましよりも早く目が覚めてくるのです。最初は偶然だろうと思っていました。B社時代余りにも起きるのが苦手で、携帯のアラームを含めて目覚まし4つある僕が。一週間に遅刻2回は当たり前。たまに三回。一度だけ一週間に4日も遅刻した僕が!?
驚きはそれだけではありません。以前は目が覚めても、win95ばりに起動が遅かった僕が今では7のスリープモード解除のようです。健康面・金銭面ありますが、間違いなくタバコをやめてメリットを感じたのは目覚めに関してだと思います。