禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

僕が禁煙しようと思ったワケ

禁煙について

f:id:mochitakeo:20170902065848j:plain

禁煙成功しちゃいました(笑)

ブログタイトルが「禁煙と転職とモテたい願望」とありますが…
禁煙はもう成功しちゃったぜ!


タイトルにも入れたのに企画倒れすぎだぜ!

というわけでダラダラとタバコからの出会いを


僕がタバコを吸い始めたワケ

僕とタバコは今では疎遠となってしましましたが、決して悪いものではありませんでした。
吸い始めたのは大学1年生の夏。まだ世間が今ほどタバコに敏感でなく、まだ喫煙所以外でみんな吸っていてもうるさく言われなかった最後の時代でした。
記憶が正しければ大学のトイレで当たり前のように紫煙をくゆらせていたように思います。
そんな時代だからこそ周りではみんな吸っていましたし、口では誰も言いませんでしたが吸っていな人は〝お堅い付き合いづらい人”と思われていました。
ちょっと前の「とりあえず生!」の問題と同じです。今でこそ一杯目は何を頼んでも普通ですが、少し前まで、最初に生以外を頼む人のことを、誰も口に出しては言いませんでしたが〝空気の読めない変な奴”と胸中では思っていたのと同じようなものです。
だからこそ家族間では誰も吸っていなかった僕も当たり前に吸うようになったのでした。
でも、吸い始めたのことで後悔はしていません。
タバコを吸って、酒を飲んで、友人と馬鹿騒ぎして。
旧時代的と馬鹿にする人もいると思いますし、タバコが無くてもできるだろ!と思う方も少なからずいるでしょう。ただ、、タバコという共通のアイテムが形成した空間はあったと思います。

ちなみに、家族からは本当に猛反発されました。

 

禁煙をはじめようとしたワケ

正直に言います!
僕がタバコを辞めた理由はなんとなくです。

もちろん、タバコが体にとって害があるものだとは認識していましたし、いつかやめようと思っていました。
ただ惰性で吸っているのも嫌いでなく、いつか辞めるだろうけれども、今のタイミングではないと思ってました。
最低でもタバコが1000円を超えるまではやめないだろうと思っていました。

そもそもタバコをやめたのは2017年のGW最終日。そりゃもうGW中はスパスパ吸っておりました。
家から出たくなかったこともあり連休に入る前にカートンで買う徹底ぶり。
朝起きてプカプカ。トイレでプカプカ。お風呂上りにプカプカ。ご飯を食べてプカプカ。
もうそりゃ性欲を抑えられない男子高校生のごとく時間があれば吸っておりました。

そして運命の日。
その日は連休の最終日で、寝起きからひどく気怠かったことを覚えています。
それはそうです。5日間もほぼ家から出らずにパソコン・タバコ三昧な生活を続けていれば当然の結果です。
明日から仕事という状況もなかなかいいスパイスだったと思います。
起床は朝の11時。朝じゃないですもうお昼です。体調は当たり前ですが良くありません。
料理をする気も起こらず、買い置きしていたカップ焼きそばを2つ食べました。
机の空き場所に食べ終えた容器を置くと机からゴミが連鎖的になだれ落ちてきます。
気づけば部屋はゴミの山。
室内の空気もひどく淀んでいました。でもその時の僕には何の感慨も浮かびません。
軽めの頭痛と満腹で13時にもう一眠り。目が覚めると19時です。本日終了のお知らせです。
体調は最悪。けれどもタバコを吸う手は止まりません。
お風呂に入り、インタスントラーメンを胃の中へ放り、ぼーっとしていると時計の針が24時を回りました。
タバコの味はもう最悪。ゲロカスな味を肺に入れるたびに頭に鈍痛が響く。
気づけばカートンがいしていたタバコは残り一本に。
恐るべきことに普段は1日1箱だったペースが連休中には1日2箱へスピードアップしていました。
頭はガンガン。吐き気もします。体は怠い。
右手の人差し指・中指は見事な茶色に変色していました。
そんな中、最後の一本をスパ~ッ。
「頭痛いし、買いに行くのも怠いし、タバコやめよ」
それからなんとなく連休中に溜まった仕事に忙殺されながら2日過ぎて「あ、禁煙できてる」と気付きました。
このチャンスを逃してなるものかと禁煙を本格的に始めた次第です。
なので他の方のように意気込みもなく、用意もありませんでした。

体調が悪くタバコに飽き飽きしていたこと。
就寝前に手元からタバコがなくなったこと。

この2つのタイミングが奇跡的に合致して始められただけなんです!

だから言います!
もう一回吸い始めたら禁煙できない自信があります!