禁煙と転職とモテたい願望

会社に退職の意思を告げるも、今は繁忙期だからと流される餅夫のブログ Twitter始めましたが友達がいません→https://twitter.com/mochitakeo1

餅夫のリアル(2017.08)

地方都市住み30歳のリアル

f:id:mochitakeo:20170901202859j:plain

何故さらけだすのか

「餅夫のリアル」では一週間ごとの餅夫の生活と、それに対するお金の流れを紹介していきます。

なぜこんなことをするのかというと色々と理由はあるのですが。

 

自分自身が1人暮らしをはじめた時に、成人男性が一ヶ月過ごすのにどれくらいの費用がかかるのか知りたかったから、というのが一番の理由です。世の中の男性が食費にお洒落に、趣味・娯楽にいくら払っているのか目安が欲しかったんです。あとは今から転職活動も始まるのですがそのモデルケースにもなれるかなと思いまして。

 

というのも、インターネットを見ていると「20代~30代の食費の平均コレ!」という類のページは山ほど見つけられるのですが、個人の詳細なデータになった途端に数が激減するんですよね。

 

でも正直、平均値なんて参考にならないと思いません?人それぞれに大切にするものは違いますし、住んでいるエリアによっても違うでしょうし、季節によっても違うでしょう。それが当然なのですが、実はみんな失念してると思うんですよ。みんなの平均値じゃないとダメだ。そう思って調べているとは思うんですが、その平均値は本当に平均なんでしょうか?この回答をしている人は月にいくらもらっているのか。本当にきちんと把握して正確に答えているのか。飲物代や呑み会などは別に計算しているのか否か。もう少し考えるだけで疑問が浮かんでしまいます。

 

正直言って「餅夫のリアル」はそんなみんなに役に立つなんて万能的なものじゃないです。年収が600万円以上あって、ドライブが好きで、パーリーピーポーな方は読むだけ無駄だと思います。でも必要な人にはどんなデータよりも役に立てる可能性を秘めていると思います。特に貯金好き・転職を考えている男性には役に立つのではないでしょうか。これからそんなモデルケースとなれるように頑張っていきます!

 

 

8/25→8/28

先月までの繰越金が303,157円
今月の残業が結構あったので
経費精算コミコミで232,640円
支出予算は164,391円
貯金目標が371,798円

 

(餅夫家予算)
家賃  51,003円☆
税金  40,614円☆
通信費 10,921円☆
食費  24,798円
光熱費 7,313円☆
積立金 5,000円☆
服飾費 4,872円☆
医療費 3,470円☆
生活費 5,000円
交通費 2,400円☆
趣味  3,000円
経費  1,000円
その他 5,000円
積立金 5,000円☆

 

ちなみに☆が付いている箇所は
カード支払いなどで既に決まっている費用です。


とりあえず現状としては
8月29日
家賃  51,003円☆
税金  40,614円☆
通信費 10,921円☆
食費  10,579円
光熱費 7,313円☆
積立金 5,000円☆
服飾費 4,872円☆
医療費 3,470円☆
生活費 2,639円
交通費 2,400円☆
趣味  2,527円
経費  680円
その他 5,000円


で残り17,373円


とりあえず現状を分析するとやっぱ食費ですかね~。
1人暮らしで25,000円ってどうなんだろう。外食をほぼしないので少ないとは思うんですが…う~ん。わからん!


と思って調べてみました。総務省の統計局データ。
ちなみに2016年度の政府の家計調査ではサンプル数689人で平均の食費は39,808円。一世帯辺りの平均はサンプル数218世帯で43,845円。他にも年齢別や性別、住まいのエリアごとで見られますが、どうも見づらいし参考にしにくい。


なんたって「男女,年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯)」にある、実収入の平均値は308,892円……。え、実収入ってほとんど手取りでしょ?給料542,002円で手取り308,892円なら、542,002×12ヶ月=6,504,024円って……めっちゃ高収入やん!

 

……見なかったことにしましょ!
とりあえず世間様より少しはやりくりできてるみたいなんで大満足の結果です。

 


毎日カードでお昼に300~400円くらいでパンとコーヒー買ってるのでそれを削ればあと一万くらいは余裕でいけそうなんですけどね~。でもそれしちゃうと精神的にきついと言うか、人生楽しめないというか。ま、僕の唯一の贅沢ってとこですね。

やっぱり日頃の生活にも潤いは大切で、特に性欲・食欲・睡眠欲は満たしておかないと

必ずどこかで体にガタがくるというのが持論です。

 

一番お金がない時は食費が月に8000円を切ったこともありましたが、もう正直したくないし、日常生活もおっくうで家計簿つけるのも面倒くさいレベルになってしまっていました。

 

なので、ストレスが溜まらないくらいで自由にしてます。

 

費用詳細

ちなみに
各費用の詳細ですが
家賃…賃貸マンション費
税金…給料より控除された額
通信費…携帯代&プロバイダー
食費…食べ物代&飲物代
光熱費…電気代(オール電化)
積立金…会社内旅費積立金
服飾費…洋服代
医療費…病院・薬代
生活費…生活に必要な雑費
交通費…交通費
趣味…生活に直接関係のない娯楽費(本代含む)
経費…とりあえず計上。
その他…時間外手数料など(家計簿の金額が合致しない時など)